交通事故の後遺症相談なら弁護士がお勧め

交通事故9

交通事故に遭うことは誰にでもあり得ます。その場では、痛みや違和感、身体の不調などがなくても、後から病気の症状が出てくることも考えられます。そのような後遺症の治療にあたっては、基本的に加害者側の負担で行われなければなりません。

むち打ちや高次脳機能障害などの重篤な後遺症が残るケースも多く、適切な処置をしておくことが重要。そんな時にも活躍するのが弁護士です。詳細について見てみましょう。

専門家への相談を忘れずに

車11

不幸にも交通事故に遭ってしまった場合には、積極的に弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談することが大事なことと言えます。「大したことないから」などと安易に考えてしまうことで、その後の処理で思わぬ損をしてしまうことにもなりかねませんので注意が必要です。

私の場合にも、過去に交通事故に遭ってしまい、それを放置してしまったことで、思わぬ事態に発展してしまったという経験があります。後遺症が残ってしまったのです。幸いにも、交通事故に強い弁護士に相談することで、後遺症の治療にかかる費用などを全面的に加害者側に負担してもらえるような取り決めになりましたが、もう少し弁護士への相談が遅れていたら、それもできないような最悪の結果になるところでした。

弁護士からは、とにかく交通事故に遭ってしまった際には、その被害の大小に関係なく、相談して欲しいとのアドバイスをもらいました。最も厄介なのは、後遺症に悩まされることだと言います。後遺症が残れば、毎日の生活にも支障や不具合が起こることにもなりますので、治療費などの負担が生じることにもなりかねません。

その費用を自らが支払うというのは到底納得できないことではないでしょうか。そのような事態を回避するためにも、交通事故に遭った時には、当事者同士の話し合いで終わりにすることなく、警察や保険会社、そして弁護士や司法書士などの法律の専門家への相談を忘れずにするべきです。

「交通事故の紛争を、弁護士に相談する流れとは?」

具体的な後遺症の数々

交通事故による後遺症として代表的なものと言えば、むち打ちや高次脳機能障害、下肢機能障害などが挙げられます。いずれも、毎日の生活にすら支障や不具合の影響を起こすことにもなりますので、大変な障害と言わざるを得ません。

例えば、むち打ちは、交通事故によって身体が大きな衝撃を受けることで、その症状が起こることになります。特に、頸椎が衝撃を受けることで、大きな障害が残ることに。むち打ちという病名はなく、身体に強い衝撃が加わったことによるさまざまな症状の総称として表現されますが、医師の診断書には、頸部挫傷や外傷性頸部症候群などと書かれるのが通常です。

また、高次脳機能障害とは脳に強い衝撃を受けることで、記憶や思考、言語などに支障や不具合が起こるというものです。高次脳機能障害に見舞われることになれば、通常の生活を行うことも難しくなります。「モノをどこに置いたか直ぐに忘れてしまう」や「作業を長く続けることができない」などは、高次脳機能障害による症状として見られるものです。

以前には簡単にできたようなことも思うようにできなくなるという恐ろしい障害と言えるのではないでしょうか。本人自身はもとより、家族にとっても何とも悔しくやるせない気持ちに包まれることになります。このような障害が残ることで、当然ながら、会社勤務をしているならば、退職や負担の少ない部署への配置転換などを余儀なくされることにもなりかねません。

そして、下肢機能障害は、股関節から下の部分にまつわる障害です。下肢機能についても、毎日の生活をしていくためには、極めて重要な役割を果たします。歩行をはじめ、足を曲げたり伸ばしたりすることなども、とても重要です。

これらが上手くできなくなれば、大きな負担となることはいうまでもありません。

早めの受診が重要

後遺症としての認定を受けるためには、当然ながら、医師の診断書が必要となります。ポイントとなるのは、後遺症が交通事故に起因しているかどうかということです。後遺症の認定を受けるためにも、早い段階で診療機関を受診することが大切です。

時間が経過してからの受診となることで、何かと多くの支障が生じます。また、交通事故に遭った時に受診する診療機関は、できる限り評判の良い医師が在籍する方が良いといえるでしょう。むろん、交通事故に遭った時に限らず、日ごろから信頼できる医師に診てもらうことが大切。

なお、むち打ちなどの症状に見舞われた場合、整骨院などでの治療を受けるのも悪くありませんが、後々のことも考えて定期的に外科医の診療も受けておく方が無難です。

被害者請求で決めたい等級認定

後遺障害の等級認定には、事前認定と被害者請求との二つの方法があることをご存知でしょうか。より、満足のいく認定を受けたいのであれば、被害者認定の方を選択することが重要です。そもそも、事前認定とは保険会社が診断書などの材料だけで決めてしまうというケースが多く、被害者にとっては不満の残る結果になってしまうことも多くあります。

事前認定は、被害者からしてみれば、面倒な手続きをすることなく済むというメリットがあるものの、弁護士の目が入らないというマイナス面もあります。その結果、できれば、負担額を大きくしたくない保険会社側の意向が反映されやすくなってしまうのです。

一方、被害者請求については、被害者に代わって弁護士が主体的に関わることができるため、等級認定も被害者にとって優位なものになることが期待できます。法律の専門家として、少しでも被害者に有利な結果が導き出せるように全力を尽くします。

提出する資料や書類も事前に入念にチェックすることも忘れません。

示談交渉の際にも相談したい!弁護士の強さに期待

損害保険料算出機構が出した認定結果に不服や不満があれば、いくらでも異議申し立てをすることができます。ただし、法律に精通していない人が異議申し立てなどを行うことは極めて困難なことと言えるのではないでしょうか。

このような際にも、法律のプロである弁護士に相談することが得策と言えるでしょう。仮に、結果を覆すことが難しいと判断される場合でも、弁護士に相談することで後悔の念に駆られることもありません。等級認定の結果について安易に妥協することは絶対に避けるべきです。

また、示談交渉に基づく、賠償額算定の際にも弁護士への相談を忘れてはいけません。弁護士が入ることで、賠償金が一気に跳ね上がることが期待できます。